便利グッズ

【ノースフェイス シャトルデイパックレビュー】複数の仕切りで仕事とプライベートの荷物分けができる

ノースフェイスのシャトルデイパック
ナシタカ
ナシタカ
この記事ではノースフェイスのシャトルデイパックについてレビューしています。実際に使って半年ほど経過したので、実際の使い心地からリアルな意見までまとめているのでぜひ読んでみてください!

どうも、バッグ大好きナシタカ(@ehicalog)です。

通勤やプレイベートでも僕はけっこうバッグを使うことが多くて、今まではそれぞれで使い分けることが多かったです。

ただ子どもができてからは素早く外に出たいことも増えて、そのたびに中身を入れ替えるのがとてもめんどうに感じることが増えてきました

そこでオンオフを同じかばんにできないかと探している中で、ついに出会ったのがノースフェイスの『シャトルデイパック』でした。

もう半年ほど使っていますがデザインがシンプルで僕好み、しかも機能的にも使いやすいまさに理想のリュックだったんですよ。

そんなノースフェイス シャトルデイパックの魅力について紹介していきます!

ノースフェイス シャトルデイパックの外観

シャトルデイパックは、大きめのリュックになります。

ノースフェイスのシャトルデイパック

まず基本スペックをまとめたのがこちらです。

大きさ460 × 290 × 140mm
重さ1,090g
容量25L
カラー展開(K)ブラック、(UR)アーバンネイビー、(MI)ミリタリーオリーブ

大きさは460 × 290 × 140mmで、容量は25Lと大きめです。

ノースフェイスのシャトルデイパック

重さは約1kgと、リュックだけでけっこうな重さがあるので注意が必要です。ただ背負えば問題ないですし、ハンドルもあるのでここを持てば意外と楽に持てるなという印象。

ノースフェイスのシャトルデイパックのハンドル

素材には高強度ナイロンを使用して、引っ掻きなどの傷に強くなっています

ノースフェイスのシャトルデイパックの生地表面

両サイドにはポケットがついています。

ノースフェイスのシャトルデイパックのサイドポケット

ストラップは少し細めで、半分ほどメッシュになっている部分があります。

ノースフェイスのシャトルデイパックのストラップ

ただ使い続けていて、あまり通気性はよくない感じがしますね。夏場は肩と背中で蒸れる感じがありました。

背中のあたる部分は立体構造になっていて、フィット感は良い感じです。

ノースフェイスのシャトルデイパックの背中のあたる部分

ノースフェイスのロゴが黒地で入っていて、さりげなくオシャレな感じが気に入ってます。

ノースフェイスのシャトルデイパックのロゴ
ナシタカ
ナシタカ
とても好みな見た目で、愛用しまくってます!

ノースフェイス シャトルデイパックの良いところ

僕が実際に使ってみて良いなと思っているのが、こちらの3つです。

オンオフ使えるオシャレなデザイン

まず全体のデザインがシンプルで落ち着いているので、オンオフ両方使えるのがかなり便利です。

ノースフェイスのシャトルデイパック

以前はオンオフでリュックを分けていたのですが、今はシャトルデイパックに統一できていて、中身を入れ替える手間がなくなって最高

ナシタカ
ナシタカ
この手間がなくなったのはめちゃありがたい!

やはりこういったシンプルなデザインは使い勝手が良くて、いつでも使えるのはかなり良いなと思いました。

3つのコンパートメントで荷物を分けられる

シャトルデイパックは、3つのコンパートメントの豊富な収納力が魅力のリュックです。

まずこのように収納が3つに分けられています。

ノースフェイスのシャトルデイパックの3つのコンパートメント

まず背中側のコンパートメントは、パソコンや書類などを入れるスペースになっています。

ノースフェイスのシャトルデイパックの背中側のコンパートメントの中身

一番背中側はPC収納になっていて、15インチまでのPC収納が可能。

ノースフェイスのシャトルデイパックのPC収納

厚手でクッション性素材で仕切られていて、僕も愛用のMacを安心して持ち運べています

ノースフェイスのシャトルデイパックにMacを収納

僕はMBP13インチなので、奥まですっぽり収まるくらいのサイズ感。取り出しもスムーズなので、使い勝手は良いですね。

ノースフェイスのシャトルデイパックからMacを取り出すところ

その裏側にタブレット収納スペースがあり、僕はiPad9.7インチを収納しています。

ノースフェイスのシャトルデイパックのタブレット収納

このiPadでギリギリのサイズ感で、これより大きいiPad Proは入らないので注意しましょう

ノースフェイスのシャトルデイパックのタブレット収納の大きさ

あとは書類の収納スペースとなっていて、このようにアイコンが書いてあります。

ノースフェイスのシャトルデイパックの書類収納

ただスペースとしてはほんの少しで、入れすぎると他のコンパートメントにも影響してくるので、容量には注意しないといけません。

ノースフェイスのシャトルデイパックの書類収納

深さはあってA4は余裕で入りますし、B4サイズもちゃんと入るので人によってはかなり便利だと思います。

真ん中のスペースが一番大きく、仕切りやポケットもないので自由に使うことができます

ノースフェイスのシャトルデイパックの真ん中のコンパートメント

このようにガバっと大きく開くので、大きいものでも取り出しやすいのが良いですね。

ノースフェイスのシャトルデイパックの真ん中のコンパートメント

仕事で使うときはここにお弁当やウォーターボトル、プロテインなどを入れていますが、それでもまだ余裕のある容量なので、2泊くらいの旅行でも使えるくらいの安心サイズ。

ノースフェイスのシャトルデイパックの真ん中のコンパートメント

ポケットなどがない分、自分の自由に使えるのが魅力のコンパートメントですね。

3つめのコンパートメントは、小物を入れるのに適しています。

ノースフェイスのシャトルデイパックの3つめのコンパートメント

深さは今までのコンパートメントの半分になりますが、代わりにメッシュポケットなどがついています。

ノースフェイスのシャトルデイパックの3つめのコンパートメント

このメッシュポケットにはフックもついているので、ここに鍵を付けておくことも。

ノースフェイスのシャトルデイパックの3つめのコンパートメントのフック

また隣のポケットはシンプルなので、僕は小銭入れなどの小物を入れています。

ノースフェイスのシャトルデイパックの3つめのコンパートメントのポケット

このように3つのコンパートメントのおかげで収納力が抜群なので、荷物の多い僕にはピッタリのリュックです。

背面のポケットには小物が入れられる

シャトルデイパックの背面にはさらにポケットがあり、小物類が収納できるようになっています。

ノースフェイスのシャトルデイパックの背面ポケット

ここのジッパーが少し隠れるような作りになっていて、目立たないのがポイントですね。

3つのコンパートメントの下に位置するような形になっていて、中には3つのポケットがついています。

ノースフェイスのシャトルデイパックの背面ポケットの中身

僕はここにサプリメントやイヤホン、ティッシュなどの細々したものを入れたりしています。

ノースフェイスのシャトルデイパックの背面ポケットの深さ

この+αの収納がけっこう使いやすくて、よく取り出す小物は3つめのコンパートメントへ、それ以外は背面ポケットと分けるのが気に入っています

ノースフェイス シャトルデイパックのイマイチなところ

シャトルデイパックのイマイチなところはこちらの2つです。

防水性能はなし

シャトルデイパックには防水性能がないので、雨の日の取り扱いは注意が必要です。

ノースフェイスのシャトルデイパックの外観

僕は外回りで雨に降られることも多いのですが、そうしたときには濡れないような配慮を毎回しています。

撥水性もほとんどなく、水は染みこんでいくので中身には本当に気を付けないといけません。

専用のレインカバーが発売されているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

外側のポケットが微妙な大きさ

外観部分で紹介したサイドポケットですが、こちらが微妙な大きさで使いづらいなと感じています

折りたたみ傘がギリギリ入るくらいのポケットで、ペットボトルは入りません。

ノースフェイスのシャトルデイパックのサイドポケット

ホントに細めのスペースでほとんど使い道がありませんが、僕は消毒スプレー入れとして活用しています。

ノースフェイスのシャトルデイパックのサイドポケット

ここがもう少し大きくて、ペットボトルとかが入ればさらに使い勝手が良かっただろうなと少し残念に思いますね。

ただそれに合わせた使い方をすればいいので、良いところに比べれば影響は少ないです。

ノースフェイス シャトルデイパックの価格と購入場所

僕が購入したときはAmazonが一番お得だったので、僕はそのまま購入しています。

ただきっかけは実際にお店でリュックの実物をチェックしていたことが大きいので、それがあってネットでも安心して購入できたという感じ。

公式サイトでも購入できるので、みなさんがお得に買える場所で買ってもらうのが良いですね。

ノースフェイス シャトルデイバックレビューまとめ

デザイン
機能性
価格
総合評価

ここまでシャトルデイパックについて書いてきましたが、デザインが本当に好みで今ではお気に入りのリュックになっています。

また機能面も申し分無しの十分な容量があるので、荷物が多くなりやすい僕にとってはかなり使いやすいサイズ感だなと実感しています。

ただノースフェイスのリュックだけあって、値段がどうしても高いのは少しマイナス評価。

しかしそれだけの人気ブランドなので、使っていて満足できるリュックなのは間違いありません。

実際に僕もこのシャトルデイパックを相棒に、オンオフを満喫できていますからね

使い心地も良くて、気になる方には自信を持っておすすめできるリュックなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

どうも、ナシタカ(@ehicalog)でした。

Amazonでお得に買う方法

Amazonでちょっとでもお得に買い物するなら、Amazonギフト券の購入がおすすめ。

現金でチャージするたびに、チャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます!

Amazonギフト券チャージ別のポイント
ナシタカ
ナシタカ
Amazonプライム会員なら、絶対に使わないと損ですよ!

しかも今なら初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンが実施中!

\現金チャージで1,000円GET/

Amazonギフト券をチャージする

ABOUT ME
ナシタカ
30代の子育てパパ。生活を豊かにするために自分がやってみたライフハックを紹介していきます。人生をより豊かに、楽しく!がモットー。